Flora

Flickr Stream

Maya – UV転送、Blend Shapeに使えるTransfer Attributes

ここからでも飛べますよ( ・∇・)

MeshのVertex番号が違うし、流れも全然違うけど、形はほぼ一緒の時に
UVを転送できる機能。

最近3d ScanデータをRetopoしたら、UVをどうするかの問題があるけど、
形が一緒だから、Transfer AttributesでUVを転送できる。

後はBlend Shapeでも非常に使える。
たとえば、顔のBlend Shapeで使うための笑顔だったり、表情がついてる
MeshがDefaultである顔とVertex番号が違うとBlend Shapeに追加する
ことができない。そのときにもTransfer Attributesで使えるようにする
方法を紹介する。

UVの転送

・Source Modelを選択してTarget Modelを選択する
・Mesh – Transfer Attributesを実行
・基本的にはDefault設定で転送できる

Blend Shape用のMeshにする方法

まずAはBlend ShapeをさせたいMesh
BはBlend Shape用のMesh
でもBはAをコピーしたBではないため、Vertex番号が全然違う。

・Aをコピーする(Aaとつけたとしよう)
・Bを選択した状態でAaを選択する
・Transfer Attributesを開く
・設定でVertex PostionとVertex NormalをONにして実行
・新しくできたMeshをBlend Shape用のMeshとして使える

気に入ったら共有してください!
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

About 残念ソンミン

あなたのあったかい一言が”残念時代”をいい時代に変えることができます。
よかったら「いいね」と「コメント」をお願いします。

Post A Comment